ウォーキングで歩くと得られるスゴイ5つの効果とは

誰でも今すぐ始められる運動として根強い人気があるウォーキング。簡単に始められるからこそすぐにやめてしまったり、なかなか習慣にできない人が多いのも事実です。

ここではただ歩くだけで得られるウォーキングのメリットを紹介します。これを読み終わった後にはきっとあなたも歩きに行きたくなりますよ。

血流が劇的に改善する!

歩くことで心臓から足の先までの血液の流れの循環が良くなります。なぜなら足まで届いた血液が再び心臓に帰っていくには足の筋肉の力が必要だからです。歩く時に足の筋肉をことで血液を心臓へ送り返すポンプの力を高めることができるのです。現代人は血流が悪いことで様々な体長不良や病気になりがちです。

冷え性や、くすみ、疲れが取れないなど日ごろの気になるちょっとした不調や、高血圧や肥満など生活習慣病につながる状態も血流が割ることによって引き起こされます。血液のめぐりをよくして体中に必要な酸素と栄養素を届ければ、様々な体調不良が解決できるのです。

痩せ体質に簡単に変えられる

ダイエットを始めるときに激しいランニングや筋トレを一生懸命する人がいますが、このような無酸素運動だけでは体重を減らすことはできません。有酸素運動を並行して行うことが何よりも必要です。酸素を取り入れながら運動をすることで体内の糖質や脂肪を燃焼させることができるのです。特に歩くことで脂質が多く使われます。お腹周りの贅肉が気になると言う人は腹筋よりもまずは歩くことから始めてみましょう。

「ダイエットのためには30分以上歩かなければいけない。私はこんなまとまった時間がないから無理。」と諦めてしまう人も多いですが、最近の研究では10分程度の運動を1日に3回分けて行っても同じ効果があります。こまめに歩く習慣をつけて痩せ体質を手に入れましょう。

ストレス解消ができる

歩くとき私たちは一定のリズムで身体を動かします。このときβエンドルフィンという幸福ホルモンが分泌されることが研究によって分かっています。次にドーパミンやセロトニンなどストレスをコントロールし心を落ち着かせるためには欠かせないホルモンが分泌されます。これらのホルモンが体内に十分いあることでストレスに強くなり、うつ病を防いでくれるのです。また身体を動かすことは身体のこわばりを取り、リラックス効果を高めます。

肩こりが改善できる

仕事の多くはデスクワークと言う人が最近増えていますよね。同じ姿勢を続けることで体の筋肉が硬くなります。そうすると重い頭を支えている方にこりや痛みが発生するのです。ですから方をもむよりは身体全身を使って歩くほうが肩こりの解消には効果的なのです。肩こりが気になる人はいつもよりも大げさに腕を振って歩くとさらに効果的ですよ。

骨が強くなって骨粗しょう症の予防になる

歩くとき、片足に体重をかけて踏み出します。この動作を繰り返すことで骨に刺激が適度に伝わります。骨は刺激を受けると郷土を高めようとします。日光を浴びながら歩くことでカルシウムがさらに骨に吸収されやすくなります。大事な骨や歯を守るためにも、外で歩く習慣をつけましょう。

メリットがいっぱいあります!

歩くだけでストレスも肩こりもなくなり、身体が丈夫になってさらに痩せることができる。誰でもすぐに始められる最高の運動習慣です。最初は無理をせず1日合計30分または7000歩ほどを歩くことから始めてみませんか。1ヶ月も続けるとあなたの身体に嬉しい変化がたくさん起こりますよ!